「もしかして血栓症かも?!」そう感じたら何科に行く?いざと言うときの行動表

ピルの困りごと

低用量ピルを服用しはじめて「血栓症かも?!」と思う症状が見られたら、急いで服用を中止して病院へ駆け込まないといけません。

だけど、私のように【個人輸入した低用量ピルを服用している場合】、どこの病院に受診すればいいの?何て言って受診したらいい?

病院に行くのに戸惑っていたら手遅れになってしまいます。

そこで、自分で血栓症の疑いを感じたらこの記事を参考に「どう行動するべきか」考えましょう。

【重要】血栓症の症状はコレ!把握しておこう

 

血栓症は、症状として出てくる時に色々な異変があります。

ただし、持病があったり症状が軽かったりすると見逃してしまう可能性も。

 

血栓症は見逃して放置しておいていても改善に向かう可能性はほぼありません。むしろ、さらに悪化してしまい、重大な後遺症を残したり最悪死亡する原因にも。。

と、いうわけで血栓症の症状を把握しておいて「もしかして、これは血栓症?」と自分で気付けるように心がけましょう。特に持病がある人は持病が原因でこの症状が起こってると思い込みがちなので要注意です!

 

▼血栓症の症状一覧▼
  • 足が異様に腫れる
  • 足を触ると激痛
  • 足が青黒く変色している(片足だけ)
  • 異様に息苦しい・息がしづらい
  • 胸が痛い
  • 激しい頭痛
  • 目がかすむ・ちかちかする(いつまでも改善しない)
  • 視野が狭くなったり暗くなる
  • めまいが頻発
  • 舌がもつれてうまく喋れない

 

血栓症は、エコノミー症候群・心筋梗塞・脳梗塞と呼ばれる病気と同じです。

血栓によって血管が詰まってしまうので詰まった先には血液が通らず、臓器やその先の部位が正常に働くなってしまいます。最悪壊死してしまう、危険な状態なんです。

 

なので上記の症状に当てはまったら、ピルの服用は中止して様子見しないですぐに病院を受診してください!

とはいえ、私のように個人輸入している人や何らかの理由で処方してもらった婦人科にすぐ行けない方からすると「どこの病院に行けばいいの?!」って悩んでしまうと思います。

なので、どこの病院(何科)に行けばいいのか、いくために必要な心構えなどを伝授します!

 

どこの病院に行けばいい?!症状別で行くべき病院が違う

まず、一番確実なのは【ピルを処方してもらった婦人科】に電話して確認することです。

・どんなピルを処方したのか

・初回にやる血液検査(をすることがほとんどだと思うので)の結果

等があるので血栓症の診断がつきやすいです。

 

ただし、そうはいっても

あなた

血栓症じゃないかと心配になって、処方してもらった病院に電話したら「様子を見てください」しか言われない。でも不安

 

あなた

婦人科でピルを貰ったけど、あまりにも対応が最悪で二度と行きたくない

 

あなた

婦人科に行って、救急車で運ばれたりしたら近所にバレそうでイヤだ

 

と色々な事情があります。ご自宅の周り・通いやすいところに血栓症を見てくれる科があるかどうか、受け入れてくれるかどうかチェックしてみてくださいね。

 

【1】循環器内科

まず候補その1は循環器内科

縁がないと聞いたことがない可能性もありますが、大き目の総合病院などには必ずあります。

血液の循環に関係する臓器に関する病気を診断し、適切な治療を行ってくれる内科です。

 

普通の内科とは違って血液循環系の病気(もちろん血栓症も代表格)の診断も早く対処も迅速なので

下肢の痛み、息苦しさ等の症状が明らかにでている場合は【循環器内科】へ駆け込みましょう。

 

【2】脳外科

候補その2は脳外科です。

 

脳外科は、ろれつが回らない・激しい頭痛がある、などの【脳梗塞】の症状がでている場合に選びましょう。

脳梗塞だった場合は迅速な対応が必要だし、CT・MRIを撮るためには脳外科に行くのが手っ取り早いです。

夜間も緊急で対応してくれる大きな病院もあるので近所にあるのか確認してみてくださいね。

 

【その他】血管外科

選択肢としては優先するポイントとしては最下位ですが【血管外科】と呼ばれる科もあります。

 

これは、血栓症はもちろん、動脈性疾患の血管治療を重点的に行っている科です。

血管外科をおいている病院は数が限られているのですが、循環器内科等で「血栓症である」と診断されたあとに血管外科での本格的な治療になることもあるようです。

エキスパートと言っても過言ではないので、血管外科がある病院を選べればその後の治療も安心ですよね。

 

病院にかかる時の手順ってある?当事者になった時に慌てない用メモ:行動一覧表

 

血栓症だ!という症状が起きてからあれもこれもと考えていては手遅れになりかねません。

そこで、緊急の時用に一覧を用意しました!(自分用メモ)

 

考えること

・どこの病院を受診するか

⇒症状によって、循環器内科がいいのか脳外科がいいのか。近場がいいから近くで対応している病院を調べる

 

・自分で行くか、タクシーか、救急車か

⇒症状がでているなら自分は×。突然意識を失うこともあるから、タクシーか緊急の場合は恥ずかしいけど救急車をチョイス。病院にもどんな手段で行けばいいか聞くのも可。

 

・子どもはどうするか(私は子どもがいるので)

⇒すぐに駆けつけられるとは限らないので、最悪連れていく。学校、幼稚園等の送迎は駆けつけた家族に任せる。

 

やること

・病院に電話して症状を告げる。受診してもらえるか聞く。

⇒いつ行けばいいか、どうやって行ったらいいか、子どもがいるけど一緒に連れていっても大丈夫か、など。持ち物も一応聞いてみる。

 

・タクシーor救急車に電話する

 

・家族に連絡を取って早く病院に来てもらう(子どもを預けるため)

 

・タクシーor救急車を待ってる間に入院道具の準備(出来るところまで)

⇒優先度は化粧用品(リップ、化粧水などの乾燥予防も)>入院用パジャマ・下着>洗面用具

自分じゃないと分からないものを優先に。

 

持ち物

・保険証・お薬手帳・持病の持ち物

・ピル本体

・お財布・身分証明書

・スマホ

・子どものおむつ・お菓子・飲み物

 

血栓症で入院が確実である場合は、入院道具などが用意できればいいですが…たぶんそんな時間的余裕はないかな(;’∀’)

なので、一応最低限必要な物だけ持ってすぐに病院へいきましょう。

入院道具はあとから家族・友人に持って来てもらうか、院内の売店で最低限の入院道具を揃えることができるので入院してからで大丈夫。院内にもコイン洗濯機とか置いてあるし、どうにでもなります!

 

もし血栓症だったら、入院するの?

 

血栓症だった時って手術が必要なの?!入院はどれくらい?

調べてみると、症状や発症部位によって差がかなりあるようです。が、血管が詰まっていると判断された場合は緊急入院になります。

 

薬で簡単に治療でき、症状も軽い場合は数日~大規模手術が必要であれば1か月以上の長期入院にも。。

 

当然、予後が悪いとなかなか退院できないですし退院後の通院も長引きます。お仕事をしていたり小さいお子さんを育てているママにとっては数日の入院でも厳しいです。。

発症する前に予防の段階で改善できるのが一番ですね。

予防と入院の際の治療についても記事にしていくので良ければご覧ください。

 

コメント