第四世代ピルの特徴まとめ

世代別のピル

 

第四世代ピルの大きな特徴は、
なんといっても配合してあるホルモンの量が他のピルに比べて圧倒的に少ない点です。

・第四世代ピルはドロスピレノンというホルモンが配合されていること
・エストロゲンの入っている量がほかの世代のピルよりも少ないこと

から血栓症になる確率が低くPMSの改善に使いやすいピルといわれて ます。

また、エストロゲンの配合量が少ないために

〇授乳中でも使える
〇35歳以上でも処方可能

という利点があります。

 

第四世代ピルの種類

 

販売名 区分 製造販売元 相性 保険適応
ヤーズ配合錠 超低用量 バイエル 一相性

 

第四世代ピルはまだ出来て間もないので、種類が少ないです。

 

ドロスピレノンってどんなホルモン?

 

ドロスピレノンは、今までのホルモンとは違い、男性ホルモンから合成されていません。
利尿ホルモンをもとにして作られているので体内のホルモンの働きに近く
副作用の不安が少なくなりました。

これまで副作用としてあがっていた むくみ が利尿ホルモンの効果により減少し、
体重の増加の報告が少なくなっているようです。

また、男性ホルモンを使っていませんので男性化になることもなく、
ニキビができる、多毛化の心配がない といったことが特徴的です。

 

第四世代ピルのメリット

★他の世代のピルに比べてむくみが少ない

★むくみが少ない=体重の増加の心配が減る

★他の世代のピルに比べて肌荒れ、多毛症が起きにくくなる

★血栓症のリスクが少ないと言われている

 

第四世代ピルのデメリット

★日本ではPMSの改善のためにしか処方されない

★エストロゲンの配合量が少ないので避妊に効果は低いのでは?と言われている

★血栓症での死亡例が唯一ある

★歴史が浅いので、長期服用のデメリットがしっかりわかっていない

 

血栓症の死亡例がある超低用量ピル

 

 

2008〜2013年上半期で、ヤーズ服用者が18万7千人いると言われている中で
低用量ピルの副作用である血栓症により亡くなった症例は11件あります。

その11人のうちの3人が第四世代ピル(ヤーズ)を服用していたと思われます。

このニュースが一時テレビでも取りざたされて、ピル=血栓症が怖い
というネガティブな物になっていますが、これは本質的に見ると違います。

実はこの亡くなった方はピルによる血栓症が起きやすい確率が低い人たちだったんです。

 

一般的に低用量ピルの血栓症ができやすい人は

 

 

△タバコを吸っていた
△年齢が35歳以上
△服用歴が浅い(服用~2か月以内が血栓症が発生しやすい)
△家族兄弟などに血栓症を患った歴がある

 

が多いとされていて、医者もかなり注意深く経過観察します。

しかし、この亡くなった方は
一人は20代の1年以上ピル服用歴あり、家族に血栓症などはナシ、喫煙歴ナシ
という、上の項目には全く当てはまらなかったんですね。

もう一人は10代の方でした。
そのため、超低用量でも血栓症になる!しかもなる原因も不明!

というような感じで報道されたんですね。

確かに副作用である血栓症は怖いのですが、それから死亡に至るまでは
自分の体調がおかしいな、と思う症状が必ずでます。

現に上記の方もおかしいと思ってピルの服用をやめ、病院にもかかったようです。
(ピルを服用していると言わなかったらしく病院で発見に至らなかった模様)

なので血栓症になった人でも亡くなった事例が少ないんですね。

 

コメント