第二世代ピルの特徴まとめ

世代別のピル

 

ピルの研究が進み、卵胞ホルモン(副作用が出やすい)を減らしながら、

高い避妊効果を発揮するように作られたのが第2世代の特徴です。

 

第2世代ピルは「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」という

黄体ホルモンが使われているピルです。

 

第二世代ピルの特徴

 

 

販売名 区分 製造販売元 保険適応
 トリキュラー錠21 低用量 バイエル ×
 トリキュラー錠28 低用量 バイエル ×
 ラベルフィーユ21錠 低用量 富士製薬 ×
 ラベルフィーユ28錠 低用量 富士製薬 ×
 アンジュ21錠 低用量 あすか製薬 ×
 アンジュ28錠 低用量 あすか製薬 ×

 

残念ながら保険適応になる種類はありません。

ですが、 トリキュラーはよく婦人科で出されます。

それこそ副作用も少なめで、日本人に合っている・一般的なピルといえるでしょう。

 

第2世代のピルが開発されることで、多くの女性がピルを使い始めました。

第2世代ピルに含まれているレボノルゲストレルは男性化の
副作用がでやすいという問題があったのですが
ピルの配合量を変えることで自然なホルモン分泌パターンに似せ
摂取総量を減らして男性化活性を減らすように調整しました。

ピルの男性化について⇒「ピルによる男性化作用とは?」

 

第2世代ピルは3相性の仕組み

 

◀色ごとにホルモン量が違う

 

3相性とは、ホルモンの量を3種類に分けて

飲む順番を決めて飲むこと。

最初は少ないホルモン量を 少→多 徐々に増やしていきます。

これによって、体からでるホルモンと似ているので

副作用も比較的少なく、効果も高いピルになりました。

 

ピルによっても違いますが、3相性の方が

ホルモンの総摂取量も少なくなることが多いです。

 

第2世代ピルのメリット

★不正出血が他の世代のピルよりも少なめ

★休薬期間の間、生理が予定通り来やすい

★ピルによる、ホルモンの総摂取量を減らせる

★人の分泌パターンに似ているホルモンの摂取の仕方なので体に優しい。

 
第2世代ピルのデメリット

★順番通りに飲まないといけない

★人によっては一番男性化しやすいピル

 

低用量ピルは以外と飲み始め~2、3か月は不正出血が多いと言われています。

私は第2世代ピルを飲んでいた1年は不正出血をしたことがありませんでしたが

第3世代のピルに変えたら1か月不正出血していました。

その時の記事はこちら⇒マーベロン28(Marvelon28) 【1箱28錠】を購入

 

また、休薬中の生理がきちんとくるというのもポイントです。

休薬して2日目に生理が来るのと4日目に生理がくるのでは

予定によっては困りますよね。

 

安定している第2世代ピルは 低用量ピル導入にはオススメですね。

 

コメント