世代別のピル

ピルの困りごと

ピルの副作用で男性化?実際に起こる症状とメリット

低用量ピルを服用することによって起こる【男性化】。男性化というと何となく怖いかもしれませんが、症状や起こる原因がわかれば怖いことは一切ありません。低用量ピルを選ぶ基準にもなるので、自分の体質・どんな効果を得たいかといったところから判断しやすいように説明します。
世代別のピル

中用量ピル(緊急避妊ピル/アフターピル)の特徴と使い方まとめ

アフターピルはモーニングアフターピルの敬称で、 性交渉後に服用することによってぐっと妊娠の確率を減らす効果があります。 ※中絶のための薬ではありません。あくまで、服用して受精を防ぐために使う薬です。 ※妊娠してしまったあとの、...
世代別のピル

第四世代ピルの特徴まとめ

第四世代ピルの大きな特徴は、 なんといっても配合してあるホルモンの量が他のピルに比べて圧倒的に少ない点です。 ・第四世代ピルはドロスピレノンというホルモンが配合されていること ・エストロゲンの入っている量がほかの世代のピル...
世代別のピル

第三世代ピルの特徴まとめ

  第3世代のピルは「デソゲストレル」 という黄体ホルモンが主に使われているのが特徴です。 第2世代ピルの避妊効果の高さは維持しつつ、 男性化(多毛化、ニキビなど)を抑えています。 第1世代と第2世代のピルの欠点を克服...
世代別のピル

第二世代ピルの特徴まとめ

ピルの研究が進み、卵胞ホルモン(副作用が出やすい)を減らしながら、 高い避妊効果を発揮するように作られたのが第2世代の特徴です。 第2世代ピルは「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」という 黄体ホルモンが使わ...
世代別のピル

第一世代ピルの特徴まとめ

第一世代ピルは1960年代からアメリカで開発され、 今も多く使われている低用量ピルです。 第1世代ピルは、黄体ホルモンとして一番最初に開発された ノルエチステロンを使用したピルです。 第一世代のピルの種類 ...