【低用量ピル】ピルのデメリットについてつらつらと

ピルの困りごと

今回は、【低用量ピルを飲む時のデメリット】についてお話します。

この中には基本的に「副作用」は含みません。

ピルの副作用

・吐き気・気持ち悪さ
・眠気
・胸の張り
・体毛の増量

 

基本的にこれらは副作用として、今回の記事内にはあげません。

ピルの副作用をもっと詳しく知りたい方はこちら⇒

 

ピルを飲むことによって日常的に感じるデメリット

 

  1. 毎日決まった時間にピルを飲まないといけない
  2. 薬を貰いに行く、血液検査などが手間
  3. お金がかかる
  4. 親に言いづらい
  5. 彼氏に薬を飲んでいる所を見られるのは気が引ける
  6. 他の病院に受診した時にピルを自己申告しないといけない

といったところでしょうか。

これから筆者が飲んでいて感じた事です。

 

中には飲む理由・飲み始めた時期によっては当てはまらない場合もありますが

自分が気になる所を読んでいただければいいと思います。

 

デメリットの部分を1つずつ解説

毎日決まった時間にピルを飲まないといけない

 

これは、低用量ピルの宿命ですね。
低用量ピルには1シート28錠(28日分)と21錠(21日分)があります。

28錠の方は7日分の偽薬がついているので、

それを含めると毎日365日飲み続けます。

 

21錠の方は偽薬がついていないので、

3週間分(21錠)のんだら1週間(7日分)はお休みになります。

が、8日目の同じ時間にはきちんとピルを開始しないといけないので、

忘れっぽい人でなくてもソワソワします。(私だけ?)

 

ピルのメリットとして、

旅行に行くときも生理がずらせる♪

ってのはありますが

結局旅行いくときもピルは持っていくので、

ある意味煩わしいです(笑)。

 

また、一緒に行く人(親・恋人・友人)に

ピルを飲んでいることを伝えていればいいですが

そうじゃなければ隠れて飲まないといけないので面倒ですよね。

 

私的には「なんとなく恥ずかしい」とコソコソ飲むのが一番精神的にめんどうでした。

 

薬を貰いに行く、血液検査など が手間

 

これも大変デメリットだと思います。

1~3か月毎に薬を婦人科へ貰いにいき、

半年~1年毎に血液検査&結果を聞かないといけません。
(今は検査を任意にしている病院も増えてきているようです。)

 

病院は土日休みの所も多いですし、

自分の休日と病院の休日が同じだったら貰えません。

 

ピル自体が毎日飲まないと効果がないので

「あ、今日なくなっちゃったから来週貰いにいこう~」

というのは通用しませんよね。

 

残り数を自分で把握して、貰う日をしっかり決めておかないといけない。

 

仕事をバリバリしていて平日は休みがないって女性にとって、1~3か月に1度とは言え、手間です。

 

お金がかかる

 

社会人の方にはそこまでの負担ではないかもしれませんが

学生の場合は超負担です。

 

ピルって、女性自身が病院に行って、薬を貰わないといけないので

避妊目的だったとしても彼氏に

お金を払ってもらうっていうのは難しいですよね。

(彼氏からピル飲んでと言ってきた場合は別ですが。)

 

ピル自体の料金:毎月1800円~3000円

血液検査:1回3000円~6000円

 

になります。

これは(特に一人暮らしなどの)学生には厳しい値段です。

値段で諦めてしまう人は多いでしょうね。。

私は現在、通販で買える低用量ピルを使っています。

 

親に言いづらい

 

親御さんと友好な関係で、

ピル・避妊に理解を示してくれるならいいんですが

うちの親のように

ピルなんて薬。危ないから必要ない。

というような否定的な言葉を言う人なら言いづらいですよね。

 

ピルを飲んでいると

健康保険を提示したり(身分証明書代わり?)

何か病気で入院した際など、

ピルを飲んでいます」と伝えないといけません。

後述:他の病院に受診した時にピルを自己申告しないといけない

 

他にもピルシートを忘れないようにみえやすい所に置いていたり

たまたま自分が飲んでいる所に出くわしたり、

バレてしまうかもしれません。

 

・・・って考えると面倒ですよね。

 

 

彼氏に薬を飲んでいる所を見られるのは気が引ける

 

彼氏によっては反応は違うかもしれません。

ただ、私の彼氏(現旦那)は

「ピル=体に悪い?妊娠できなくなったり、問題はないの?」

というような疑問を抱いていたようです。(あとあと知った)

 

普段は気にしていないようなんですが

たまにピル(薬)を飲んでいる所を目撃すると

「何飲んでるの?」と必ず聞いてきます。

「ピルだよ~(このやりとり何度目w)」と言えば

ああ、なるほど と納得した顔してるので、文句はなさそうですが。

 

「何飲んでるの?」と言われると ちょっとドキっとする。

悪い事はしてないんですけどね。

なんとなく、低用量ピルや生理用品、性の話なんかは男女間・親子間、

言いづらかったり話題に出しにくかったりしますよね。

 

男性によっては妊娠できなくなりそう、

といった思い込みを持っている人もいるので

話すのに抵抗を持つのも仕方ありません。

 

他の病院に受診した時にピルを自己申告しないといけない

 

これは、必ず申告しましょう。

風邪をひいた時に病院に行ったり、

耳が痛くて耳鼻科に行ったり、歯が痛くて歯医者に行ったり。

 

そこで「常用している薬はありますか?」と

聞かれるので、

低用量ピルを飲んでいます」と言ってください。

 

(その場合、どこのクリニックで貰っているのか、

など聞かれる場合もあります。)

 

抗生物質は、ピルの効果を下げるので

お医者様に言わないで普通に薬を貰って妊娠してしまった・・・

というのは最悪です。

 

とはいえ、今はピルの効用を下げないお薬などもあるので

専門家の指示に従うのが一番です。

 

 

コメント